理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重まぶた整形の一般的な方法 » 二重の他院修正

二重の他院修正

他院修正

テレビや雑誌、インターネットなどで見かける機会が増えてきた美容整形の広告。ひと昔前と比べると、格安や短時間で施術できることをアピールしたクリニックが多くなってきました。しかし、その裏では消費者とクリニックの間でトラブルが発生することもめずらしくありません。トラブルの内容は、「施術後のまぶたに不具合が出た」「仕上がりに満足できなかった」というもの。

国民生活センターの調査によると、2015年の美容医療サービスに関する相談は2,000件以上。消費者庁に寄せられる相談件数は年々増加傾向にあるそうです。

万が一手術の結果に満足できなかった場合は、他院修正を検討してみると良いかもしれません。今度こそ理想の目元を手に入れるため、あきらめずに行動しましょう。このページでは二重まぶた整形の失敗例とその原因、他院修正の流れや価格相場を説明しているので、参考にしてください。

失敗例とその原因

二重まぶたの整形手術を受けたものの、その仕上がりに不満を感じるケースは少なくありません。理想としていた二重と違っていたり術後何らかの不具合が発生したりするなど、失敗例はさまざま。例えば「好きな芸能人と同じ二重まぶたにしたけど、自分には似合わなかった」「やりすぎて整形したのが周囲にバレた」というようなもの。これらの失敗例は施術前のカウンセリング時に仕上がりをきちんとシミュレーションできていれば、防げる可能性は高いと言えます。

しかし、入念にシミュレーションを行っていても手術が100%成功するとは限りません。術後にトラブルが起こることなく理想通りの形になるかどうか、二重の仕上がりを左右するのは担当医師の腕次第。まぶたに傷が残ってしまったり二重がとれてしまったりするなどの不具合は、医師の知識や技術不足によって起こることがほとんどです。

近年では「プチ整形」という言葉が一般化し、格安なうえ施術時間も数十分で済むという手軽さから、二重整形は簡単にできてしまうものと勘違いしている患者さんが大勢います。目は顔のパーツで特にデリケートな部分なので、医者が高い知識と技術を持っていないと、当然失敗のリスクが高くなるのです。あとになって後悔してしまうことがないように、クリニックと医者選びは慎重に行うことが大事だと言えます。

他院修正の流れ

二重まぶたの手術後、仕上がりに満足いかなかったり何らかの不具合が生じたりした場合は、他院修正を検討してみましょう。

失敗したクリニックで修正するのはためらわれるものですが、美容整形外科の中には、他院が行った整形手術の修正を引き受けてくれるところがあります。しかし、1度切ったまぶたを元に戻したり手を加えたりすることは物理的に困難とされているため、他院修正は普通の整形手術よりも高度な技術と知識が必要です。

同じ美容医療機関でも他院修正を行っていないところもあるので、事前に電話で問い合わせるかホームページで確認すると良いでしょう。ここで大事なのは「信頼できる医者を選ぶ」ということです。特に確認したいのは医者の施術経験で、少なくとも100件以上の施術例があると安心。

カウンセリング時にリスクの説明がなく、根拠もなしに高額の手術を勧めてきたら要注意です。料金が高いからといって良質な施術内容とは限りませんし、逆に一見安い印象を受けても麻酔がオプションになっていて最終的に高額になる場合もあります。他院修正を受ける前にあらかじめ相場を確認しておくと、医者が提示した料金が適切であるかどうか判断できるでしょう。

他院修正の料金相場

他院修正にかかる費用は施術の内容によって大きく異なるので、一概には言えません。さまざまなクリニックの価格を確認したところ、通常の施術費用と同額かやや高くなる傾向にあるようです。

埋没法の他院修正にかかる費用は約20,000円、高度な技術が求められる切開法は100,000円を超えることがほとんど。二重まぶたの修正費用をホームページで記載していないクリニックも多いので、まずはカウンセリング時にまぶたの状態を診てもらい、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

どんなに信頼できるクリニックでも、デリケートなまぶたの施術には思いがけないトラブルが発生するリスクがあるので、アフターフォローや保証をきちんとしてくれるかどうかも注目したいところです。

名古屋で他院修正に対応しているクリニックを探す。

コンテンツ一覧