理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重手術のよくある疑問まとめ » 手術後のまつ毛のエクステ注意点

手術後のまつ毛のエクステ注意点

二重にするために、手術を考えたことのある一重の女性は多いかもしれません。毎朝のアイメイクが楽になる二重の手術は、年齢を問わず人気のある美容整形のひとつです。

でも、二重にする手術には、埋没法と切開法がありますが、どちらがいいのか、二重にする手術の後にまつげのエクステは使ってもいいのかどうかなど。気になる点がたくさんある二重の手術の切開法や埋没法にはどんな違いがあるか、手術の後のまつげエクステなどのおしゃれを使用する際の注意点について解説します。

念願の二重に 手術後のおしゃれやアフターケアの疑問点

二重まぶたには、埋没法と切開法の美容整形手術があります。取れてしまう二重ではなく、理想のまぶたをつくるのにおすすめな二重の手術には、手術の方法によってメリットが違います。そのため、手術後のアフターケアやまつげのエクステの使用にも違いがあります。※1

二重にするための埋没法は、皮膚などを切開しない施術になり、医療用の特殊な糸を使った手術になります。自然な幅の二重にしたいと思っている方に向いている手術方法ですが、ナチュラルなイメージが強いだけに半永久的な効果が期待できず、元に戻りやすいことも特徴です。しかし、埋没法の場合は、術後の経過がよく腫れにくく、やり直しも可能な手術といえます。※2

対照的に、切開法の場合は、部分的な切開で済ませる「小切開法」と「全切開法」があり、メスなどを使用し、脂肪を取り除きます。切開法による二重の手術は、半永久的な効果が期待できますが、傷跡が残りやすく、術後の腫れが続くことがありえます。

※1 日本美容外科学会:美容外科ってどんなもの? 
※2 消費者庁:美容医療サービスを受けるに当たっての確認ポイント

いつからOK?二重手術の後のまつげのエクステ

二重にする整形手術は、二重まぶたをつくることが目的です。アイメイクのひとつとして、まつげエクステを使っている方もたくさんいらっしゃいます。二重の手術をした後にも、まつげの付け根に接着させるタイプのエクステンションを使用して、まつげのボリュームを増やすことも一般的なアイメイクです。

しかし、埋没法や切開法であっても、糸と針でまぶたを留めたり、メスで切開して縫い合わせたりという二重まぶたの術後はデリケートになっているということ明記しておきましょう。まぶたに刺激を与えることは、術後すぐは控えることがおすすめです。

埋没法では皮膚を切開せずに行いますが、血管が傷ついてしまう場合は、内出血を引き起こすこともあります。経験や技術のあるクリニックや美容整形外科であれば、この内出血も抑えられますが、出血しているときには、まつげのエクステも控えましょう。

手術を行うクリニックや美容整形外科にもよりますが、術後の経過がよければ、埋没法は3日~1週間後に、まつげのエクステを再開できることが多いでしょう。明確に何日後という規定はなくても、アイメイクをすることができるようになれば、まつげのエクステも可能になるとされています。

二重まぶたの手術を切開法で行った場合には、1か月くらいまつげのエクステを控えることがおすすめです。まぶたの皮膚はデリケートですから、皮膚があれやすい、かぶれやすい体質の方が、切開法の術後で抜糸の直後には、予想以上に腫れてしまい肌トラブルにもなりかねません。対照的に、まったくかぶれないという方もいるため、抜糸の翌日の経過を見ながら医師の診察結果を仰ぐことが必要でしょう。

二重の手術ご翌日からのメイクもOK

ビジネスパーソンの場合でも、外出をするだけでも、女性はメイクをしなければならない日が多くあります。二重まぶたにする整形手術を行った場合、施術翌日でも「アイメイク以外」なら可能です。

埋没法で二重にしたときのアイメイク注意点

埋没法で二重にした場合は、アイメイクなどのアイシャドウやマスカラ、アイラインなど、術後数日は控えておき、3日後くらいを目標に再開しましょう。可能であれば、まつげのエクステ以外のアイメイクでも、約1~2週間は控えることがよいかもしれません。

埋没法の場合は、内出血が懸念されるため、メイクでカバーしたいということもあるようですが、皮膚への圧迫などの観点からも症状を悪化させないように、様子を見ながらアイメイクを行うことが大切です。

切開法で二重にしたときのアイメイク注意点

切開法の場合でも、傷があることを考えたメイクやアフターケアは重要なので、衛生面を優先しましょう。そこで、術後の抜糸が完了するまではアイメイクを控えるように、約1週間を目安にまつげのエクステ以外でも注意が必要です。また、メイクをするときには、まぶた周辺の皮膚に圧力が加わらないようにしながら、力強く引っ張らないようにします。

メイクをするときよりも、クレンジングオイルなどでメイクを落とすときに力が加わりやすく、皮膚に負担になりやすいので要注意です。まつげエクステは、まぶたの切開部位に近いこともあり、内出血が治まるのを待ってから使用しましょう。

二重まぶたの整形手術でも翌日から入浴OK

入浴も翌日から許可されることが多いかもしれませんが、血行が良くなりすぎないように注意が必要です。熱い湯に長時間使ってしまうと、埋没法でも切開法の場合でも、内出血を悪化させる可能性があります。また、サウナや岩盤浴、ホットヨガなども同様に注意しましょう。そのため、回復を遅らせてしまうことになりかねないので、術後3日間ぐらいはシャワーやぬるめの湯での5分程度の短時間の入浴を意識しましょう。

手術後に控えておきたいライフスタイル

二重まぶたに整形手術をした施術当日は、激しい運動、ランニングやジョギング、水泳など、血流をよくする運動や激しい運動を控えて、まぶたの内出血や腫れを引き起こさないように注意しましょう。ストレッチ程度であれば、手術の3日後くらいからは可能ですが、激しい運動は1週間くらい控えるほうが好ましいかもしれません。

食生活やアルコールの摂取でも注意が必要です。香辛料などが強く、刺激の強いテイストの食事や飲酒により、血行を促進することになり、二重の手術による部位の腫れが引きにくく、内出血を悪化させてしまうことがありえます。入浴同様注意が必要です。

コンテンツ一覧