理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重手術のよくある疑問まとめ » アイプチで伸びたまぶたでも二重整形は可能

アイプチで伸びたまぶたでも二重整形は可能

アイプチの使いすぎで、まぶたが伸びてしまったり、腫れぼったい目になってしまったため、二重手術が可能か心配に感じている方も多いと思います。今回は、アイプチで伸びてしまったまぶたでも二重整形は可能かを解説します。

アイプチで伸びたまぶたも二重整形できれいに戻る?

アイプチでまぶたが伸びてしまっても、二重整形の施術を受けることでキレイな二重にすることが可能です。二重整形の施術を受けることで、毎日のアイプチによるまぶたのダメージを軽減させる効果も期待できます。二重整形には、「埋没法」と「切開法」の2種類があります。

埋没法

「埋没法」は、プチ整形とも呼ばれており、メスを使わずに医療用の糸を用いて施術していきます。「埋没法」にかかる施術時間は、わずか10分~20分程度。毎日アイプチにかけている時間に比べたら、あっという間ですよね。

「埋没法」に使用されている糸は、ミクロン単位のとても細い医療用のものになります。痛みもほとんどなく、術後のダウンタイムも短いのが特徴的です。

「埋没法」は、2点留めや3点留めなど、糸の結び目の数で料金が異なります。2点留めは、最も一般的な埋没法で、術後の腫れが少なく、施術時間も短いのが特徴的です。しかし、まぶたの脂肪が厚く、腫れぼったい方は、2点留めだとすぐに取れてしまう可能性があります。その場合、3点留めや2本の糸を使用したダブルノット埋没法などを選ぶとよいでしょう。

ただし、「埋没法」は、永久的な施術法ではないため、また元に戻ってしまう可能性もあります。

切開法

「切開法」は、メスを使用し、まぶたの上部を切開して、二重をつくります。アイプチによって伸びたまぶたを二重にするのは、どちらの施術方法でも有効です。しかし、まぶたが伸びて余分な皮膚が多過ぎる場合、全切開を行い、余分な皮膚を切除する必要があります。

眼瞼下垂の症状が進行している場合、まずは眼瞼下垂を改善する施術が必要になるケースもあります。まぶたの症状によって、施術法が異なりますので、まずは、どの施術法が最適なのか、カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

まぶたが伸びる?アイプチを長期使うことのリスクを解説

毎日アイプチを使っていませんか?「夜寝る時に、アイプチを付けて寝ると二重になる」という噂を聞いたことがある方も多いかと思います。

しかし、アイプチを使い続けると、まぶたの皮が硬くなったり、伸びてしまう恐れがあるのです。でも、いきなりアイプチを辞めるのには、抵抗がありますよね。二重手術を受けると、アイプチのようにまぶたが伸びたり腫れぼったい目元になる心配もなくなります。

もちろん、アイプチで伸びてしまったまぶたでも、二重手術を受けることは可能です。この記事では、アイプチを使い続けるリスクや二重手術を受けるメリットなどについて紹介していきます。

アイプチを使い続けるとまぶたの皮が硬くなったり伸びてしまう可能性がある

アイプチは、目元を二重にするための便利なアイテムです。しかし、アイプチは強力な接着剤ですので、まぶたへの負担が大きいのも事実。まぶたは体の中で最も薄い皮膚で、その厚さは約0.6㎜といわれています。皮膚が薄い分、とてもデリケートな部分になりますので、アイプチやメイクによるダメージを受けやすいのです。

アイプチは、まぶたに強力な接着剤を塗布して二重まぶたを作ります。強力な接着剤によるまぶたへの負担はとても大きいため、炎症や腫れなどの目立った症状が見られなくても、多くの方がかぶれを起こしているといわれています。実際に、アイプチを使い始めてから、「まぶたがかぶれてしまった」「まぶたが伸びてしまった」など、トラブルに悩まされている方も多く存在します。

アイプチを長期間継続して使い続けると、まぶたが伸びてしまい、逆に腫れぼったい目元になってしまう可能性もあります。では、「まぶたがすでに伸びている場合、どうすれば良いの?」と、疑問に思われるかたも多いかと思います。伸びてしまったまぶたは、二重整形を行うことで、綺麗な二重にすることが可能です。

炎症を起こしたり眼瞼下垂の症状を起こす可能性も!

まぶたに炎症を起こすのは、アイプチの接着剤に含まれているラテックスという天然のゴムが大きな原因とされています。ラテックスが含まれる接着剤をまぶたにつけることで、皮膚呼吸が阻害され、まぶたの皮が硬くなったり伸びたりといった症状を引き起こすのです。

アイプチを使い続けると、まぶたが伸びるだけではなく、炎症や眼瞼下垂を引き起こす原因にもなるといわれています。アイプチが肌に合わない場合、まぶたに炎症やかぶれ、腫れなどの症状が見られます。特に、敏感肌の方は、炎症やかぶれなどの症状を引き起こしやすくなりますので注意が必要です。

眼瞼下垂とは、上まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きにくくなったり、視野が狭まる疾病の一つです。眼瞼下垂の症状は、この他にも、頭痛や疲労感を感じるなどの症状を起こすこともあります。目を開いた時に、黒目の上が少し隠れる高さよりも下がっている場合、眼瞼下垂を引き起こしている可能性が高いでしょう。

眼瞼下垂の原因は、先天性と後天性の2つに分かれます。先天性眼瞼下垂の場合、出生直後から見られるのが特徴的です。後天性眼瞼下垂で最も多いのは、加齢によって起こる加齢性眼瞼下垂です。しかし、最近は、アイプチを始め、コンタクトレンズやメイクなどが原因で、若い人でも眼瞼下垂を起こす方が増えてきています。眼瞼下垂になると、手術が必要になることもありますので注意が必要です。

参考:(PDF)日本内科学会雑誌『一目瞭然!目で診る症例』

アイプチで伸びてしまったまぶたを治療するには?

名古屋には、二重整形の施術が受けられるクリニックが多く存在します。クリニック選びで悩んでいる方は、カウンセリングを受けて、自分に合ったクリニックを見つけましょう。

コンテンツ一覧