理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重手術のよくある疑問まとめ » クリニックのアフターケアは万全?

クリニックのアフターケアは万全?

カウンセリングで確認すること

美容整形をする場合には、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてから選ぶことが普通ですが、そのときのチェックポイントとしてアフターケアは重要なポインです。手術をしたあとにどのような問題がおきた場合に術後どのくらいの期間、どの程度まで保証してくれるか確認しておく必要があります。

また長期間の保証期間を設けているクリニックは、それだけ自クリニックの技術に自信を持っているということですから、信頼できるかどうかの目安にもなります。アフターケアについて質問しても、「当クリニックではまず問題が起きる可能性はありません。」などと言って答えてくれないクリニックは信頼できません。

アフターケアについて質問するときは、起こりうる問題をシミュレーションして具体的にそれぞれの場合にどのような対処がなされるのかを質問しましょう。自分自身のたいせつな体のことですから、まちがいがないように対処しなくてはいけません。

埋没法で作った二重ラインが薄くなった

埋没法は糸で二重ラインを作り、裏側で止める方法です。まれにですが、糸がゆるんでラインがはっきりしなくなることがあります。そのような場合、たいていのクリニックでは糸の結び直しをしてくれるクリニックがほとんどです。1年間の保証という場合が多いようですが、1年間ゆるまなかったら、その後問題がおきるということはまずありませんから安心してください。

ただし、二重ラインを変えたくなった場合は保証期間中であっても施術は有料でしなくてはなりません。あくまでも施術に問題があった場合のみの保証です。もちろんクリニックによっては、保証期間内であれば何度でもラインの変更をすると言っているところもあります。しかし、そのようなクリニックはやはり信用できません。あくまでも顧客を多く取りたいという方針であって、医学的立場からいえば推奨できないサービスです。つまり患者の体を第一に考えたサービスではありません。

埋没法はダウンタイムも少なく二重手術の中では比較的軽微な負担です。だからといって気軽に何度もラインの位置を変更するとまぶたの皮膚への負担が多くなってい行きます。そのため施術の前にカウンセリングをしっかりして、あとから後悔しないように二重ラインを決定しましょう。

ただし、埋没法でも特殊な糸を使った施術の場合は、ラインの変更が可能です。たとえば湘南美容クリニックがおこなっている「腫れづらいばれづらい二重術」の場合は心臓血管外科用の特殊な極細の医療用糸をまぶたに数ヵ所埋め込むという特殊な方法がそのひとつです。しかしこの場合も再施術は1度のみになります。

埋没法の糸をとりたい

一度施術をして二重にしたあとで、気が変わってしまうこともあります。そのようなときに糸を抜いてもらえるかどうかも確認しましょう。

糸でとめるというと、裁縫で糸をとることを想像してしまいますが、まぶたはとてもデリケートな場所です。糸を使って二重を作っているのですから、糸はまぶたの組織の中に食い込まれています。そのため年月が経過していくとだんだんと糸も皮膚組織と一体化してしまい糸をとることが不可能になっていきます。そのため保証期間があるといってもやはり1年以内というところが多いようです。

保証期間を過ぎてもはずしたいと思った場合は有料ですが、不可能ではありません。ただし埋没法という二重手術はそれぞれのクリニックにより、糸のかけ方が違いますし、まぶたのどの部分で結び目をつくっているかは外からはわからないようにしています。(わかるように結び目をつくっていたら美容整形になりません。)そのため、もし保証期間を過ぎて糸を切りたくなった場合も施術したクリニックに行く必要があります。

それぞれのクリニックでは施術した経過を記したカルテを5年間保管していますから、結び目などがどこにあるかを確認できます。しかし5年をすぎるとカルテも残っていないということもありますが、それ以上に糸が体の組織に入り込んでしまっている可能性も高く糸を取ることはほぼ不可能です。

また、糸をとっても元の目に戻るかどうかは保証の範囲ではありません。というのも人によってはかたが付きやすい人とそうではない人がいます。かたが付きやすい人は、わずか1ヶ月の間に糸がついていただけでしっかり二重になってしまう場合もあります。

その他の理由でアフターケアが必要な場合

左右の目で大きさや形が違う場合に、再施術をする場合があります。ただし、あきらかに医師に瑕疵(かし)が認められた場合で、もともと左右に大きな差がある場合など、手術結果がどうなるかなど施術前にきちんとしたカウンセリングが必要です。

左右が同じにできない可能性があるかどうか、骨の形などで医師が判断できるはずですから医師のアドバイスをきちんと聞いて無理な施術はしないようにしましょう。またクリニックでは施術前に写真を撮影しますが、撮影を拒否した場合に保証をしない場合が多いことも忘れないでください。

以上のようにアフターケアとカウンセリングがクリニック選びの大切なポイントです。名古屋で施術をお考えなら、まず問い合わせてみましょう。

コンテンツ一覧