理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重にプラスして行いたい目の整形術 » たるみを取る眼瞼下垂手術

たるみを取る眼瞼下垂手術

二重手術にプラスして目元をスッキリさせる方法として、まぶたのたるみが起こる原因や、たるみを取る眼瞼下垂手術について紹介します。

まぶたのたるみが起こる原因とは?

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたがたるんで下がってしまっている状態のことです。眼瞼下垂になると、まぶたを持ち上げるための筋肉の無理な働きによって肩こりや頭痛を招いたり、まぶたを額の筋肉で持ち上げようとして額のシワが増えてしまうこともあります。

また、まぶたが下がって黒目が半分程度しか見えていない状態になるため、いつも眠たそうに見えるなんてことも。まぶたが重くて目が開けづらい人や、額にシワができている人は、眼瞼下垂の可能性がありますよ。

眼瞼下垂には、先天性と後天性のものがあります。先天性眼瞼下垂は、眼瞼拳筋の形成不全などが原因で、生まれつきまぶたの開きが悪い状態のことです。後天性眼瞼下垂は、老化、コンタクトレンズや逆さまつ毛による刺激、花粉症で目をこするなどの原因によって起こる場合があります。

眼瞼下垂手術の方法や効果について

眼瞼下垂手術の方法には、拳筋短縮法、腱膜固定法、大腿筋膜移植の3種類があります。まぶたの状態や本人の希望によって、どの手術方法を選択するか決めていきます。

≪拳筋短縮法≫
眼瞼拳筋の力が弱いため、眼瞼下垂になっている人に適している方法です。上まぶたの眼瞼拳筋を縫い縮めて、弱い力でもまぶたを持ち上げやすくします。拳筋短縮法には、皮ふ側からメスを入れる方法の他に、まぶたに傷を残さず結膜側からメスを入れる方法もありますよ。

≪腱膜固定法≫
コンタクトレンズによる結膜のこすれや、逆さまつ毛や花粉症でまぶたをこすったことが原因で、眼瞼拳筋と瞼板をつないでいる拳筋腱膜が外れてしまうことがあります。このような場合に、皮ふ側から切開して、外れてしまった腱膜を瞼板に縫い合わせるのがこの方法です。

≪大腿筋膜移植≫
眼瞼拳筋の力がほとんどない場合など、重症の眼瞼下垂に適している方法です。大腿筋膜を少し採取して、その両端を瞼板と前頭筋(眉毛を持ち上げる筋肉)に縫い合わせます。この手術によって、眉毛を上げるとまぶたも持ち上がるようになるわけです。

手術時間は30分ほどで、手術後1~2週間は腫れなどのダウンタイムがあります。

≪手術費用の目安≫

  • 眼瞼下垂手術にかかる費用は高めで、両目で50万~70万円前後が相場です。大腿筋膜移植の場合は90~100万円ほどかかります。
    症状によっては、健康保険が適用されるケースがあります。

眼瞼下垂手術の口コミ・感想をチェック!

眼瞼下垂の手術を受けた人の体験談や感想を調査してみました。よろしければ参考にしてくださいね。

  • 目が開けやすくなって、おでこのシワも入りづらくなりました。
  • 年齢と共に下がってきたまぶたがスッキリして、目の上のくぼみも解消できました。
  • 生まれつき片目だけ眼瞼下垂でしたが、眼瞼下垂と二重の手術で、左右の目のバランスがかなり良くなりました。
コンテンツ一覧