理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

逆まつ毛

 通常だと目を守る役割をしているまつ毛は、目の外側に向かって生えています。しかし、中には目を攻撃するように逆向きに生えてしまうまつ毛も。それが逆まつ毛です。ここでは、わずらわしい逆まつ毛をスッキリ爽快させることができる美容整形についてまとめてみました。

逆まつ毛の美容整形とは

逆まつ毛は眼科にて保険診療として治療できますが、美容外科を利用すれば見た目も美しくしながら逆まつ毛を改善できます。その際使われる治療方法が二重整形です。

逆まつ毛には、毛の向きが目に向かって生えている場合(睫毛乱生)と、まぶたが重かったりたるんだりしてまつ毛の生え際が眼球側に近すぎる場合(眼瞼内反)があります。二重整形で対応できるのは、まぶたが原因となっている逆まつ毛のみが治療対象です。

 毛の向きが原因の場合は数本の毛を治すだけなので、このように大がかりな治療を行う必要はありません。しかしまぶた自体、つまり、まつ毛の毛穴が眼球に近づいていると、常にまつ毛が眼球に触れてしまうことになります。この場合は、まぶたを持ち上げる美容整形を行うことで解消に繋がるのです。

一回の施術で逆まつ毛を解消しつつ、ぱっちり二重になれるなんてまさに一石二鳥 。元々二重の人をのぞく多くの逆まつ毛に悩める方が、二重整形を使った治療を選んでいるようです。

名古屋で逆まつ毛治療を行っているクリニック

大塚美容形成外科・歯科 名古屋院

  • 埋没法…84,000円
  • 切開法…310,000円

埋没法と切開法を使った治療を提供している名古屋の大塚美容形成外科。逆まつ毛を通常の状態に戻すことはもちろん、二重の仕上がりにもこだわりを持って施術を行てくれます。

まつ毛の向きが原因の場合は、逆まつ毛になっているまつ毛だけを切除し、レーザー分解で生えなくするという治療も用意。2つの原因に対して治療方法を取り扱っている点が魅力です。

高須クリニック 名古屋院

  • 上まぶた…250,000円
  • 下まぶた…250,000円

術中に痛みを感じないように、クリームと点眼薬による麻酔あり。さらに極細針で局部麻酔を行い、徹底的に痛みを感じないよう配慮してくれます。術後は傷跡の腫れが長引かないように漢方薬「治打撲一方」を用意。現在は高須クリニックの中でも名古屋院にしか置かれていません。

グランクリニック

  •  料金記載なし

グランクリニックでは、保険適用治療と自由治療の2つを用意。保険適用治療だと、Hotz法、Jones変法といった皮下組織の除去手術があります。自由診療では逆まつ毛の解消と同時に二重整形やまぶたのたるみを解消するメニューを取り扱っているクリニックです。

グラン銀座医院ではバランスをもっとも大切にしており、保険適用と自由診療のどちらを受けるにしても大きく見た目に影響しないよう配慮してくれます。

 治療方法

 基本的には、まつ毛の生え際が眼と対面している状態から、まぶたを短くしてわずかにずらし、眼球からそらすという施術です。

まぶたを短く調整する方法には大きく分けて「切開法」「埋没法」があります。名前の通り、切開法はメスを入れてまぶたのあまった部分を切り取る方法。埋没法はまぶたを縫い合わせることで短くする方法です。

では、それぞれの施術について詳しく紹介します。

切開法

 切開法はまぶたや目の下で余っている皮膚を切り取って縫い合わせることで、まつ毛の生え際を外側に向かわせる方法。手順は以下の通りです。

  1. 麻酔
    まぶたや目の下など切り取る部分に局部麻酔を打ちます。人によっては麻酔の注射が痛くて耐えられないということもあるため、希望によって麻酔注射前の麻酔クリームも可能です。
  2. 皮膚切除
    まつ毛の生え際から約1~2mmと、ギリギリのラインを切開します。切開のラインは逆まつげの幅に合わせるため、真ん中だけ逆まつ毛であれば瞳孔の幅程度、まつ毛全体が逆まつげになっていたら全体的に切ります。
  3. まぶたの下の組織を露出させて縫う
    縫い合わせるのは切り取った皮膚同士ではありません。まぶたの下にある瞼板という組織があるため、そこを露出させて縫合します。皮膚同士を縫合しただけだと皮膚が伸びてしまえばせっかく余った皮膚を切り取る意味がありません。瞼板は伸びることはほとんどないので、一緒に縫い合わせることで恒久的に逆まつ毛にならないようにするのです。
  4. 数日後、抜糸
    術後1週間経ったら抜糸します。組織同士がくっついているため、元の逆まつ毛に戻ることはありません。

埋没法

 埋没法はまぶたとまぶたの下にある組織を縫い合わせる方法です。二重整形の中でもメスを使わずに針と糸で縫い合わせるだけの簡単な施術のため、二重整形のなかでも高い人気を持つ施術方法です。

  1. 麻酔
    切開法と同じく局部麻酔を打ちます。メスを使わない簡単な施術ではありますが、針を通す分の痛みは生じるので必ず施術前には麻酔が施されるのです。
  2. 縫い合わせる
    希望の二重ラインに沿って縫い合わせを行います。短くても30分以上はかかる切開法と比べて、埋没法は15分未満。施術が簡単なため施術にかかる時間も短縮されているのです。
  3. 1週間後に様子をチェック
    縫い合わせが完了したら、1週間~1か月程度問題がないかを見て完了です。埋没法は糸が取れてしまうと元に戻るので、抜糸はせずそのままです。クリニックによっては人体に溶ける糸を使用していることもあるので、糸が残るのが気になる人はクリニックに尋ねてみるとよいでしょう。

保険が効く

 逆まつ毛の施術は保険適用が可能な症状です。

医療保険が適用されるかどうかの基準は「日常生活に支障をきたすかどうか」。逆まつ毛は視力低下や眼病のきっかけにもなりえるため、医療保険が適用されるのです。

ただし、同時に二重にしたり、まぶたのたるみを取ったりといった施術も含まれていると「美容のため」という目的に変わってしまい、医療保険の適用は難しくなります。

見た目に関してはこだわりがなく、単純に逆まつ毛を解消したい場合は医療保険を使って施術を受けても問題ないでしょう。もともと二重にしたいと考えていた人は一緒に受けたほうが後に二重整形を受けるよりもお得に済むので、同時に受けることをおすすめします。

保険適用で受ける場合は注意点が1つ。やり直しやアフターフォローを受けられる可能性が低いという点です。

保険適用で受けるということは目的が「問題なく目を開けられるようにすること」なので、例え施術後の二重の形が気に入らなくても修正ができません。自由診療だと最初から「美容目的」として施術を依頼しているので、二重の形にこだわりを持ち、術後の修正も相談しやすいでしょう。

安く受けられる分、わがままは聞いてもらいにくくなるということです。医療保険で安く受けられるのはもちろん嬉しいですが、仕上がりにもこだわりたい人は要注意しましょう。

逆まつ毛を放っておいたときのリスク

 「お金がかかるし多少痛いけど大丈夫か」

と、そのままにしておく人も少なくありません。特に男性だと気にしないこともあります。

逆まつ毛はささいな症状ですが、放っておくと角膜を傷つけ視力低下につながることも。視力以外にも以下のようにさまざまな症状を発症します。

  • 傷口から炎症を引き起こす可能性
  • 目が常にゴロゴロする
  • 目ヤニが増える
  • 光がまぶしく感じる
  • 涙が止まらない

逆まつ毛だけでもストレスが溜まるものですが、症状が悪化して上記のような状態が続くと、日常生活にも影響を及ぼします。進行を止めるためにも早めの対処を行うようにしましょう。

二重治療が得意なクリニックを選ぼう

 逆まつ毛の治療を受ける際、眼科や美容クリニックなど選択はいろいろあります。治療だけが目的であれば、眼科のほうが逆まつ毛の治療には慣れているかもしれないので、眼科を検討してもよいでしょう。

ついでに二重整形や目元を整えたい場合は、美容クリニックだと一石二鳥で希望をかなえてくれます。自分の希望に合わせて治療を受けるクリニックを選びましょう。

コンテンツ一覧