理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重にプラスして行いたい目の整形術 » 涙袋を施術で作れる?

涙袋を施術で作れる?

涙袋って何?

涙袋は目の下のぷっくりした部分のことで、『フェロモンタンク』とも呼ばれます。涙袋があると目が大きく見えて、目が潤んだように見え、色っぽい雰囲気になると言われています。二重まぶたに涙袋をプラスすると更に魅惑的なまなざしに。

それでは涙袋というのはそもそも何なのでしょうか。目の周りには、眼輪筋という筋肉があり、若いときはその筋肉が目の周りを支えているために生き生きした表情をつくります。この目の周りにある筋肉が涙袋です。笑うと目の周りの筋肉に力が入り、盛り上がるのでさわやかな生き生きとした印象をあたえます。この筋肉は年をとると筋力が落ちてしまうので、消えてしまいます。そのため涙袋が若さの象徴ともいえるのです。

反対に「老いの象徴」とも言えるのが目袋と呼ばれる、やはり目の下の膨らみです。目袋は涙袋より下の位置にできあがる、たるみで、目の下の脂肪がたまり膨らんでいます。目袋ができると、涙袋とは反対に顔が老けて見えるようになります。

涙袋はメイクで作れるってほんとう?

涙袋があると魅力的に見えるだけではなく、小顔効果もあるといわれるために涙袋に憧れる女性が多いようです。そのため涙袋があるように見えるアイメイクの方法が、ファッション誌やWebページなどでも紹介されています。そのような記事を見ながら試して見た人も多いのではないでしょうか。

しかし、そのようなメイクアップは目の下にアイシャドウを重ねたり、ナチュラルに見えるためにかえってウォータープルーフなどの落ちにくいコスメを使うのでダメージを与えてしまいます。目の周りの皮膚はとてもデリケートで、あまりいじっているとたるみやシワの原因にもなってしまいます。

そして結果的に涙袋ではなく、目袋ができてしまいます。そうならないようにクリニックでは安全に涙袋を作る施術を行っています。

涙袋を作る施術〜ヒアルロン酸注射

涙袋はヒアルロン酸注射で比較的簡単につくれます。その方法と注意点を説明します。

ヒアルロン酸を注入する方法

目の下にヒアルロン酸を注入して涙袋を作っていきます。涙目の大きさや形は各自好みがあり、また顔の造形によっても似合う形がありますから、施術の前にカウンセリングをして、決定します。

たとえば、「絶対誰にも知られたくないので、ほとんどわからない程度の大きさにして欲しい。」という場合もあれば、「できるだけ注入して大きな涙袋にしてほしい。」という場合もあります。ヒアルロン酸注入の場合は、切開手術などと違い、結果がすぐに見られますから、施術後にもう少し大きくしたいという要望にも答えられます。

注意が必要なのは、ヒアルロン酸を注入しすぎて涙袋が大きくなると、まるで目袋のようになってしまいます。またヒアルロン酸の液が顔の縦方向に垂れてしまうとやはり目袋のように見え、老け顔になってしまうので、施術は慣れたクリニックにお願いしましょう。

まぶたの形はそれぞれの顔のつくりによってちがいますから、ヒアルロン酸をどの部分にどの程度入れるのが一番自然な仕上がりになるかは、医師のほうがよくわかるので、ある程度は医師に任せてしまったほうが仕上がりがきれいになるようです。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質です。皮膚のみずみずしさを保つ働きをするので、皮膚には約50パーセントものヒアルロン酸が存在すると言われています。ヒアルロン酸を注入すると、体内にあるヒアルロン酸と結びつき組織を形成することからわかるように、ヒアルロン酸は生物学的に適合性が高い物質です。肌荒れなどのために経口でもヒアルロン酸は使用されるくらいに安全な物質です。

ヒアルロン酸注射で内出血が起きる?

まれなことですが、たまにヒアルロン酸注射によって内出血がおこることがあります。目の周りには細やかな血管が集中しており、わずかに注射の針があたったことが原因で内出血がおきるのです。といっても痛みはとくになく、問題は少し肌の色が変わってしまうことでしょう。殆どの場合は1週間くらいで消えてしまいます。

ヒアルロン酸注射の施術の場合は腫れなどもおきないので、すぐにメイクができますから、コンシーラーなどで隠せば大丈夫です。また施術後すぐは内出血がないように見えても、施術後はやはり血行があまりよくなると内出血のような青いシミが現れる場合があります。

  • すぐにお酒を大量に飲む。
  • 熱いサウナに入る。
  • 当日もしくは翌日に激しい運動をする。

などは禁止事項です。お風呂に入りたい場合はぬるめの湯に短時間入る程度にしましょう。

ヒアルロン酸注射のあとはコンタクトレンズがすぐ使える?

目の周りに傷をつけたわけではありませんから、施術後すぐにコンタクトレンズが使えます。ただし、目の周りのマッサージなどはしないようにしましょう。

たるんだ目元には、外科的治療法

もともと涙袋がある人も加齢によって、まぶたの筋肉である眼輪筋がのびてしまい、たるんでしまったために涙袋が見えなくなってしまった場合はヒアルロン酸注入だけではうまく涙袋が作れない場合がありますそういう場合は下まぶたの眼輪筋を切開し、縫い縮める施術をし、ふくらみをつくります。

名古屋にあるクリニックでしっかりカウンセリングをして、お望みの魅力的なまなざしになりましょう。

コンテンツ一覧