理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

たれ目にする整形

 トリンドル玲奈さんや石原さとみさんのようなとろんとした甘みのあるたれ目は女性の憧れ。かわいらしさを表現するたれ目になれるたれ目形成手術についてまとめてみました。名古屋でたれ目整形を受けられるクリニックも紹介します。

たれ目の美容整形とは

たれ目整形は下まぶたの位置や目尻を下げてたれ目を演出する施術。グラマラスラインとも呼ばれており、多くの美容外科で取り扱われています。

まっすぐな下まぶたのラインにゆったりとしたカーブをつけることで、これまで隠れていた白目の部分が見えるようになり、デカ目効果を期待できます。下まぶたのラインがまっすぐだときつい印象を受けますが、カーブをつけることにより優しげな雰囲気を感じるのです。

目元は人の顔のなかでも特に印象を決定づけるポイントのため、ちょっとした違いが人の第一印象を左右するもの。鏡を見ながら目尻をちょっと上に引っ張ってみるとキッとした目つきになるでしょう。その顔つきが普段の顔になるとするとかなり印象が変わりますよね。たれ目は逆にきつい印象を変えるにはもってこいのため、目尻が上がっている人に人気が高い施術です。

たれ目の施術方法

たれ目を作るには下まぶたを切開して下げる必要があるのですが、その方法が2つあります。1つは下まぶたの皮膚を切る方法(皮膚側法)、もう1つは下まぶたの内側を切る方法(結膜法)です。

皮膚側法

下まぶたのすぐ下ギリギリのラインを切開する方法です。数mm程度皮膚を切除し、目の下にある脂肪を下にずらして、カーブラインを作ります。

皮膚側法は、皮膚を直接切るため調節次第で大きく変化をもたせることが可能。後戻りも少ないため確実にたれ目にしたい人に向いているでしょう。

デメリットとしては、表の皮膚を切るため傷跡が残る可能性が多少あります。また、ダウンタイムが結膜法よりも長めです。1週間近くは縫合したままで糸がついているので、見た目にも手術をしたことがわかりやすいかもしれません。周りにばれなくない場合は、1週間程度休みを取っておくとよいでしょう。

結膜法

結膜法は下まぶたの内側の皮膚・結膜部分を切開して下まぶたのカーブを調整する方法です。大きく切除する必要はなく、まぶたを広げる筋肉と強く結びつけることで、下まぶたを大きく開くように調整する施術です。

大きなメリットとして傷跡が大きく目立たないという点があります。皮膚側法だとどうしても外側を切るため、多少傷跡が見えてしまいますが、内側であればまぶたをめくらない限り施術がばれることはありません。

傷口が粘膜部分になるため、ダウンタイムは比較的短め。短ければ2~3日でぱっと見て違和感を感じない仕上がりになります。

デメリットとしては、縫合の仕方によって皮膚が短くなりすぎて、まつ毛の生え際の向きが変わってしまい、逆まつ毛を引き起こす可能性が考えられる点。そのため、もともと逆まつ毛ぎみの人は注意が必要な施術です。

たれ目形成を受ける際の注意点

たれ目形成は最初できたとしても後戻りが起こることも。後戻りとは施術前の状態に戻ろうする働きのこと。傷ができると皮膚が再生するように体は元の形を覚えていて戻ろうとはたくことがあります。

たれ目形成でも同じように、多少後戻りを起こす可能性があるため、最初の状態が完成とは思わず1か月の間は後戻りが起こるか様子を見ましょう。

医師は後戻りが起こることを考えて希望より大きめに切開する提案をするでしょう。よく相談し、どのくらい切るかは決めておきましょう。

名古屋で坂まつげ施術を行っているクリニック

水の森美容外科

  • 下眼瞼下制術…400,000円

水の森美容外科では皮膚側法と結膜法を掛け合わせた施術を取り扱っています。どちらも掛け合わせることで、後戻りが少なく逆まつ毛になる可能性も低い安定したグラマラスラインを作ることができるようです。

まず最初に皮膚表面の処置を終えたのち、裏の処置に移ります。両方合わせて1時間半~2時間程度の施術。きちんと施術にこだわりがある分、効果も期待できそうです。

八事石坂クリニック

  • 下眼瞼下制術…450,000円

たれ目具合の希望によって施術方法を調整している八事石坂クリニック。軽度のたれ目であれば結膜側のみを施術し、確実にたれ目にしたい場合は皮膚側も施術を行うと個人に合わせて施術法を変えているようです。また、他の医院でたれ目施術を受けて満足できなかった人に向けて「目尻切開を加えたたれ目形成」を推奨しています。これまでに失敗続きだった人はチェックしてみてもよいでしょう。

表参道スキンクリニック

  • グラマラスライン…400,000円

結膜法を中心にばれない美容施術を行ってくれる表参道スキンクリニック。手術中に目尻の下がり具合を確認するなど医師と相談できる時間が設けられているため、自分で納得のできる仕上がりを目指すことが可能です。手術自体は30分程度で終わるようですが、医師との相談時間や微調整もあわせるとおよそ1時間程度の施術。「気づいた時にはすべて終わっていて自分が思っている仕上がりと違っていた」という美容整形の失敗あるあるにならないよう施術中に確認できる点は最大限活用したいポイントですね。

コンテンツ一覧