理想の二重になれる!名古屋で評判のクリニック大事典

HOME » 二重まぶたの種類 » 二重まぶたの幅を決める

二重まぶたの幅を決める

二重まぶたの幅の決め方

目は顔のチャームポイントです。二重まぶたにすれば印象が良くなりますが、二重なら何でもいいというわけにはいきません。1人ひとりによって二重まぶたの幅は違ってくるからです。

二重まぶたにするには埋没法と切開法がありますが、実は二重まぶたには末広型・平行型の2種類があるんです。どの種類にするかによって幅の決め方が違ってきますし、普段の姿勢によっても二重の幅は決まってくるのです。

実際に二重まぶたの幅をどのように決めたらいいのか、それぞれのケースに当てはめて説明しましょう。

施術法で異なる二重まぶたの幅の考え方

  1. 埋没法
    埋没法はまぶたを切開しないので、誰でも簡単に二重まぶたにできます。しかも簡単に元に戻すことができるので、二重まぶたの幅について軽く考えがちです。しかし二重の幅を決める方法がわかっていれば、元に戻す必要がないのです。

  2. 切開法
    切開法の場合はまぶたを切開するため、やり直しがききません。そのため施術をする前に充分なシミュレーションを行います。この段階で二重まぶたの幅を決めることになりますが、安易な妥協をしないで納得いく幅を決める必要があります。切開法を選択する人は二重まぶたの幅の決め方を知っておくべきでしょう。

二重まぶたの幅を決めるポイント

埋没法にしろ切開法にしろ、二重まぶたの幅を決めるポイントがわかっていれば自分に似合った二重にすることができます。施術後の満足度も上がるでしょう。幅を決めるポイントには2つあるんです。

  1. 姿勢
    二重まぶたの幅を決めるポイントになるのが、姿勢です。

    猫背の人は背中が丸くなっているため、鏡を見る時に上目遣いになります。この状態で二重の幅を決めてしまうと、自然な状態よりもまぶたを上に引き上げることになります。施術後に背中を伸ばした時、まぶたの幅が通常よりも広くなってしまうのです。また伏し目がちな姿勢で幅を決めてしまうと、施術後に鏡で顔を正面から見ると幅の狭い二重まぶたになってしまいます。

    切開法でシミュレーションをする場合、正しい姿勢をとる必要があります。そのためには鏡を真正面から見つめるようにします。

  2. まぶたを引き上げる力
    正しい姿勢でシミュレーションしても奇麗なまぶたにならなかったり、幅の狭い二重にしかならない場合があります。原因はまぶたを引き上げる力が関係しているのです。

    このような場合は、まつ毛の皮膚までしっかり持ち上げる必要があります。これが不十分だと、幅の薄い二重や一重になったりしてしまいます。

    また、まぶたが腫れぼったい人は、目を開ける時に眉毛を上に引き上げるのがクセになっている場合があります。そのクセのままシミュレーションしてしまうと、施術後の幅が狭くなって不満足な結果になります。

末広型と平行型の二重まぶた

二重まぶたには末広型と平行型の2種類があります。どちらを選ぶかは自分の希望によりますが、医師の判断によって変わることもあります。どちらにしても充分なシミュレーションが必要です

  1. 末広型
    末広型というのはラインが目頭から目尻にかけて幅が広くなり、一般的に奥二重と言われるものです。日本人に目に似合っていると言われ、自然な美しさが出せるのが特徴です。

    末広型の二重を希望する時は、ラインの幅が目尻にかけて広くなります。事前のシミュレーションでしっかりチェックして、医師に末広型を希望するとはっきり伝えることが大事です。

  2. 平行型
    平行型というのは、目頭から目尻にかけて二重の幅が全く同じになります。欧米人に多い型で、パッチリと目立つ二重で華やかさがあるのが特徴です。

    切開法が向いていると言われており、幅を狭くする場合と広くする場合があります。幅が広いとハーフっぽさが出てより華やかになり、幅が狭いと大人っぽい控えめな華やかさになります。切開法なので事前のシミュレーションがとても重要です。

失敗した時は他院修正がある

事前のシミュレーションで姿勢が悪かったり、眉を上げるクセが出てしまった場合は思うような二重の幅にならないことがあります。また、思っていたほど似合わない場合も考えられます。

そのような時は諦めるのではなく、他院修正という方法があります。別の美容整形で切開をした二重まぶたを修正することができます。他院修正を行っていないところもあるので、ホームページや電話で確認をしてください。

参考:(PDF)国民生活生活センターのPDFより

コンテンツ一覧